セラピストになるには忍耐力が必要|夢を自力で叶えるには

男の人

非常に大切な仕事です

女性

人間は、目から見える情報が全情報のうち80%を占めると言われています。視能訓練士は、眼科医と協力して人間の「見える」ということをサポートする資格で、検査だけでなく矯正訓練なども行います。人間にとって非常に大切な見えることを守る、非常にやりがいのある仕事です。

もっと読む

状態を正しく把握できる

大学生

患者さんの状態を正しく把握するためには、レントゲンの写真が必要不可欠となるため、放射線技師の役割りは医療界でとても重要となります。放射線技師を目指す多くの人は専門学校や大学へ通っており、国家試験を合格して資格を取得した後、就職活動を行なうのが一般的です。

もっと読む

将来は独立を目指して

婦人

資格を貰うには

セラピーとは、薬や手術以外の治療と療法で、心身の状態を好転させるものです。現在のストレス社会ではセラピーの必要性は高く、多くのセラピストたちが活躍しています。セラピーの種類は多義に渡りますが、大きく分けると心と体になります。その中で心のセラピーは、心の働きを心理学を基本に扱うメンタルセラピーであり、疲れた心を癒す効果が注目されています。メンタルセラピストになるには幾つかの方法があります。・セラピスト養成スクール・サロンが開設する講座を受ける・先輩などに直接指導を受けるなどがあります。この様に、メンタルセラピストになるには幾つかの方法がありますが、セラピスト養成スクールに一定期間通うのが一番確実と考えられます。

就職は難しい

セラピストになるには、養成学校に通うのが確実な方法です。養成学校には特定のセラピーに特化した学校と、セラピー全般を教えるスクールがあるので、メンタルセラピストになるにはどのスクールが良いのかを選択する必要があります。養成学校に一定期間通う事で資格を貰う事が出来ます。しかし、そこで貰える資格とは、学校の審査基準により任意で認定する資格であり、国家資格ではありません。その為、セラピストの資格を持っていると言って簡単に就職できるものではありません。セラピストと名乗ることができても、セラピストを雇う企業は無いと考えるべきです。セラピストの仕事は企業に就職するよりも、スクールの直営店で働いたり、独立して活躍する所に魅力がある仕事です。

看護系の専門学校

ナース

看護師になるためには、看護学校を卒業した後に国家試験で合格しなければなりません。看護学校では、入学試験の際に面接を行なう学校が多く、倍率も高いとされています。そのため、面接で志望動機や高校時代の部活動、委員会活動などの質問にしっかり答えられるように、きちんと対策を取っておきましょう。

もっと読む