非常に大切な仕事です|セラピストになるには忍耐力が必要|夢を自力で叶えるには

セラピストになるには忍耐力が必要|夢を自力で叶えるには

ドクター

非常に大切な仕事です

女性

見えることを守る仕事

人間は、五感のすべてを使って得ている情報のうち、視覚から得ている情報が80%を占めると言われています。そのため、人間にとって「見える」ことは非常に重要なのです。また、見えると言っても、正常に見えることが重要で、正常に見えないことによる生活の質の低下は大きなものがあります。視力に関することは眼科医が治療を行いますが、眼科医と連携として治療を行うのが視能訓練士です。視能訓練士は、視力検査や屈折検査、視野の検査から眼圧検査などの様々な検査を行い、それを眼科医に提供して治療方針の策定に役立てます。また、斜視や弱視などの視力機能が正常に働いていない方に対して、専門的な検査を行ったり、矯正するための訓練を行うことも視能訓練士の仕事です。

これからさらに重要に

視能訓練士は、医療専門資格の中では比較的歴史が浅く、人数もまだ少ないです。日本国内では、眼科医の人数と同じか少し少ない程度しかいないために、視能訓練士を必要としていても十分な配置ができない医療機関が少なくありません。勤務先は、病院やリハビリテーションセンター、眼科の個人医院だけではなく、保健所や市役所などの行政機関、さらには眼鏡やコンタクトレンズメーカーなど、視能訓練士の資格を生かすことのできる民間企業で活躍される方もいらっしゃいます。また、これから有資格者が増えていくことで、活躍の場も広がっていくことが予想されます。人間にとって非常に大切な見えることを守る仕事は、非常にやりがいのある仕事です。